境内案内図

瑞龍寺は、札幌の中心部程近くのアクセス抜群の環境にありながらも、
四季折々の景色を臨めるもいわ山、円山公園に囲まれ、自然と街が優遇した素晴らしい環境に立地しています。
3600坪にも及ぶ広い境内地には、緑が多く、鳥がさえずり、朝夕に市民が散策する姿も見られます。
初夏には紫陽花が咲き乱れ、「紫陽花寺」の愛称も聞かれます。

アクセス

  • 大圓山 瑞龍寺
  • 〒064-0802
    札幌市中央区南2条西21丁目1-8

地下鉄の場合

東西線西18丁目駅1番出口を出て、円山方面へ約8分。
セブンイレブン円山裏参道店向かいの道を入る。
もしくは東西線円山公園駅5番出口を出て、
すすきの・大通公園方面へ徒歩8分。

自動車の場合(※駐車場あり)

法要や大規模な葬儀の場合は駐車場スペースが不足することがあります。
その場合は近隣の駐車場をご利用願います。

(本堂裏手の瑞龍寺月極駐車場向かい側にタイムズパーキングがあります。)

唐門

平成31年に建立した、歴史的に珍しい門で、特に積雪がある地方だと珍しいとされています。

六角堂

六角堂には普賢菩薩が祀られおり、慈悲と智慧を顕わして衆生を救う仏さまです。
本堂に釈迦如来、坐禅堂に文殊菩薩。これらは禅宗でいう釈迦三尊仏といいます。

坐禅堂

平成21年造営の専門道場と同じ本格的な坐禅堂で単があり、厳寒期には暖房が入ります。ここで、一般の方も気軽に参加できる坐禅会が毎週定期的に開かれています。

本堂

瑞龍寺で唯一創建当時からの堂塔です。中央に南無釈迦牟尼像、両側に歴代住職と瑞龍寺創建に関わる方のお位牌が祀られおります。

瑞雲軒

瑞龍寺建立発起人により、大正7年建築のご自宅の寄進を受け瑞龍寺に移築しました。専用の禅堂が建立されるまで30年間禅堂として使用され、現在は主に一般の方も参加可能な写経会で使用されています。

花園会館

花園会館は、瑞龍寺関係者・他宗派に関わらず、どなたでも通夜、葬儀、法事、会議、茶会などあらゆる行事にご利用できます。研修や説明会など、企業様への箱貸も承っております。お気軽にご相談ください。